まちあるきの企画運営 〜まちの魅力を再発見し伝える〜


 まちづくりの第一歩はまちをよく知ること。そのためには実際にまちに出ることが大切です。まちの魅力を再発見し、さまざまな視点を知り、まちづくりのきっかけを生み出すためのまちあるきを行っています。さらに、住民自身がまちの魅力に気づき、他の人に伝え、まちづくりにつなげていくための人材育成講座も展開しています。

○これまでの事業

 


■観光ボランティアガイド養成講座・研修

・“みなとまち新潟”観光ボランティアガイド養成講座(H18年度〜・新潟市より委託)

・柏崎まちなか歩き入門2015(H27年度・柏崎市より委託)

・南区凧ボランティアガイド養成講座(H27年度・新潟市より委託)

 


■ガイド同士の交流会の企画運営

・新潟県まちあるきガイド活性化支援事業(H26年度・新潟県より委託)

・まちあるき交流会(H27年度・新潟市より委託)

 


■まちの宝物(地域資源)を探す

・まちを歩きデザインしてみよう!ワークショップ(H27年度・新津中央コミュニティ協議会より委託)

・うちの発掘ぷろじぇくと〜こいてば内野未来会議〜(H27年度・新潟市西地区公民館より委託)


ブラニイガタ

 新潟県内のまちを多くの人と歩き、さまざまな視点でまちの新たな魅力を探すことで、まちそのものに親しんでいこうというまちあるき事業です。

 テーマを設定し、多様な人の視点や価値観でまちを見直すと、普段気づかない資源(魅力)がたくさんあることに驚き、印象の変化も生まれます。まちをもっと魅力的にしていく可能性が拡がります。私たちは、多くの方に「まちの楽しさ」を知っていただきたい、それぞれの独自の視点や価値観を分かち合いたい、そこからより良いまちづくりにつなげていきたいと考えています。